小舞壁

伝統工法の土塗り壁を、見学させてもらう機会を得た。

日本古来の工法は、全て自然素材で(あたり前ですが)
調湿効果にも優れている。。。。。でも現在ではコストの問題やメンテナンスの難しさ
その工法ができる職人さんの不足など様々な問題で使われなくなってきた。

現在、安価に手に入る建築材料があまりに薄っぺらな感じがしてならないので
やはり本物と言うべき素材を見ると色々考えさせられる。
しかし、昔ながらの工法や素材で建物全てを造るには、現代においては難しいし
改善しなければならない部分も少なからずある。

新・旧それぞれに、優れている点・劣る点がある。その部分をきちんと見極めて
採用して行くのが、僕ら建築士の仕事なのではと強く思う見学会だった。

f0166157_2350733.jpg
[PR]
by junme1 | 2008-12-13 23:42 | 建築


<< 迎春 秋の味覚 >>