究極のパリのホテル

カルチェラタンで泊まったホテル。昔ではあるが、朝食付きで80F(約1600円)は格安だった。しかし、その空間は極めて狭く独房のようであった。畳にしたら、1.8帖に満たない。どうやらシャワールームを改装した部屋らしい。中庭に面して開けられた小さな窓が唯一の救い!
一生のうち、二晩だけの貴重な体験。花の都パリにて。
f0166157_22523172.jpg

[PR]
by junme1 | 2008-05-11 22:53 | 旅スケッチ


<< 民宿「日本の木」 ロンシャンの教会堂 >>