優しい建築

世田谷美術館を訪れた。今回は、埼玉建築士会のデザイン委員会の見学会であった。
その為、特別に設計監理をした内井昭蔵建築設計事務所の当時担当者であった
建築家の香田氏に詳しく説明をして頂いた。

世田谷美術館は、3つの基本理念によって創られている。
1.公園美術館・・・・・・・・・・・・・・・・・自然と建築が調和し美しい環境を生み出している。
2.生活空間としての美術館・・・・・・美術館を住宅のように長く留まれる空間としている。
3.オープンな美術館・・・・・・・・・・・・壁を取り払い、オープンにすることであらゆる場所が
                      展示スペースとなるように、予期せぬ場所が芸術的空間
                      となるように計画されている。

何度訪れてもまた、行きたくなる美術館である。その理由は建物の細部にわたり全てがデザイン
されている事であり。長い年月に耐えうるように材料等も厳選されているので、時間よって
色あせない事である。。。。。。そして何より建築がとにかく優しいのである。
美術館といえば、ピンと張り詰めた空気でシャープなデザインの空間が思い浮かぶが、
この美術館は違うのです。

優しい建築とは、建築家 内井昭蔵氏が理念とする「健康な建築」と言い換えても良いかも知れない。

※2009年12月12日~2010年2月28日 「内井昭蔵の思想と建築」が世田谷美術館で企画展として
開催されるそうです。詳しくは世田谷美術館HPなどでお調べ下さい!

f0166157_15215589.jpg
f0166157_15222865.jpg

f0166157_2282347.jpg

f0166157_228578.jpg

f0166157_2211030.jpg

f0166157_22112279.jpg

f0166157_22114190.jpg

f0166157_221218.jpg




[PR]
by junme1 | 2009-08-30 15:28 | 建築


<< 照明デザイナー 光と影 >>